泥パックと泥洗顔石鹸の違いってあるの?

泥洗顔とパックの違い

基本的に泥パックも泥洗顔も得られる効果にそれほど大きな違いはないため、好みで使い分けましょう。 どちらも、毛穴を詰まらせる原因となる角質や皮脂、その他汚れなどを取り除くために利用します。 泥以外にもさまざまな成分が配合されているため、それらの効果によって肌や毛穴をキレイにできます。


泥の粒子はとても微細であり、毛穴の奥にまで浸透できるため、通常の洗顔やパックよりも大きな効果を期待できるのです。 普通の洗顔ではけっして落としきることのできない汚れを完全に除去できます。 また、天然成分のみで配合されており、化学合成されたものが含まれていない製品が多いため、安心して使えます。 肌にとても優しいため、アレルギー体質の方や肌荒れを起こしている方、敏感肌の方でも問題なく利用できます。 ただし、泥洗顔も泥パックも成分に泥が混じっているため、周囲が汚れてしまう可能性はあります。 洗面所で使う場合は泥をきちんと洗い流しておかないと、固まってしまいなかなか取れなくなるため気をつけましょう。 また、泥パックや泥洗剤は必要以上に肌の水分を奪ってしまう可能性があるため、必ず利用後には化粧水を使って保湿ケアをしましょう。


即効性があるわけではないため、しばらく使い続けることによって、徐々に効果が出ます。 それぞれの製品の使い方はきちんと守り、間違えた利用の仕方は避けましょう。 泥洗顔や泥パックによって、まるで子供のようなキレイな肌を得ることができます。

泥洗顔をした後の化粧水にオススメなのが収れん化粧水です。収れんとは肌や毛穴を引き締める作用のある成分を含んだ化粧水のことを指しており、洗顔で汚れが取れて開いた状態の毛穴をキュッと引き締める効果があります。毛穴を引き締めることによって美容成分を閉じ込めてくれますし、皮脂や角質の詰まりも抑えます。色々と種類があるので肌に合ったものを選ぶようにしてくださいね☆彡

普段使いならパックではなく泥洗顔がおすすめ!

パックと洗顔での効能というのは大差がないことがわかりました。では普段使うならどちらがラクでコスパが高いのか?といった問題になります。当然ですが、洗顔料の方が圧倒的にラクで値段も安いです。

ただしパックの場合は洗顔と比べても美容成分も多く浸透率も高いです。普段は洗顔で1週間に1回程度の泥パックケアを行うなどが効果的なスキンケアに繋がりますね。

泥洗顔の皆の反応は?

優れた洗顔料というのはさらに、保湿成分や美容成分も同時配合。吸着力があるのに肌を潤してくれて、乾燥から肌を守ってくれます。また洗顔の基本はゴシゴシ洗いでなく、泡で優しく洗うことです。クレイ洗顔は通常の市販されている洗顔料よりもフワフワで弾力のある泡を簡単に作ることができる詰まり毛穴に最適な洗顔料と言えます。

【出典元:毛穴つまり解消《おすすめ洗顔料はどれ?》

泥洗顔の評判はリアルタイムでつぶやきが見れるツイッターでも好評でした。肌がもちもちになる。毛穴汚れがなくなってツルツル!といったリアルな声を感じることができます☆彡

泥洗顔のNo.1は?ランキングをチェック!